院長のお料理日記

2014.03.27更新

四川料理の本のレシピでホイコーローを作りました。酒醸(チューニャン)の代わりに甘酒を使いました。コクと甘みを出す調味料です。

ほかに必要な調味料に豆豉(トウチ)がありますが、最近、近所のスーパーには粒の豆豉はなく、にんにくなどの入ったビン詰めの豆豉醬しか置いていません。結局、Amazonで取り寄せました。

豆豉、甜麺醤、豆板醤、甘酒、豚バラの脂、春キャベツの甘さが、調和してうまくできました。

「歯を大切にする人は認知症になりにくい」と認知症に関する本に書いてました。
食事の後はていねいなブラッシングを。


pic20140327204501_1.jpg

投稿者: しが歯科医院

2014.03.15更新

おいしく食べられることに感謝です。歯の健康に感謝です。

日曜日にセミナーで博多に行きました。帰りに寄り道をして、フランス産の鴨胸肉を買いました。
鴨肉は焼き方が難しく、皮からの脂をかけながら、オーブンに入れたりして、パサパサにならないようにしなけれいけません。
グリルの中に入る、柄の短いフライパンを買ってから、まあまあうまく行くようになりまし
た。

鴨、ジャガイモ、芽キャベツの色が、赤、黄、緑で春のいい感じにできました。

pic20140315211134_1.jpg

pic20140315211134_2.jpg

投稿者: しが歯科医院

2014.03.11更新

菜の花を頂いたので、妻のリクエストでパスタを作りました。菜の花とあさりとトマトのパスタです。
しかし、先日のように味の三位一体がうまくいきませんでした。菜の花の苦味が強すぎたためです。
少し菜の花の量が多過ぎでしたが、春の気配を感じることができました。
pic20140311210348_1.jpg

投稿者: しが歯科医院

2014.03.09更新

3月だというのに、まだまだ寒いですね。
寒くても牡蠣のシーズンはもう少しで終わりなので、思わず買ってしまいました。
土曜日、ダルマ鯛のソテー、牡蠣とトマトとバルサミコのソースがけをつくりました。魚の脂、牡蠣の旨味、トマトとバルサミコの酸味が三位一体になり、なかなかでした。

日曜日、福岡SJCD例会に出席しました。(SJCDは良質な歯科臨床をめざす最大規模の勉強会です。)
インプラント、セラミックス補綴の世界的権威の小濱忠一先生の講演を聞き、非常に勉強になりました。専門家として、膨大な知識、技術力の上に、さらに新たな知見を積み重ねる真摯な姿勢に感動しました。

pic20140309212845_1.jpg

pic20140309212845_2.jpg

投稿者: しが歯科医院

2014.03.06更新

おいしそうな、あじのさく(切り身)があったので買いもとめて、刺身にしました。
「お刺身には日本酒ですね」、ということで、脂ののったあじで、冷酒をいただきました。

さしみ醤油には、大分日田の「あやめ」がいいと思います。数年前に患者さんから頂いて、知りました。

日本酒といえば、「獺祭」の人気はすごいですね。おいしいですし、本やテレビによる知名度は、ふだんお酒を飲まない人まで浸透してます。
写真の久留米のお酒「山の壽(ことぶき)」は、最初の口当たりは穏やかで、しかも深い味わいがします
pic20140306211701_1.jpg

pic20140306211701_2.jpg

投稿者: しが歯科医院

2014.03.04更新

院長の志賀です。
「おいしい料理を楽しく食べることができる」
人生を楽しむ重要な要素の1つだと思います。

ここでは、私の趣味である料理を紹介します。
一回目は、エビ、きゅうり、アーモンドのサラダとアボカドのムースです。食感がおもしろい、ワインにあう前菜ができました。

話しは変わりますが、私は下関歯科技工専門学校の副校長もしております。平成26年度入試が3月15日に迫っています。歯科界には優秀な歯科技工士さんが必要です。
3月13日(木)までに願書を送ってください


pic20140304201634_1.jpg

pic20140304201634_2.jpg

投稿者: しが歯科医院

こんにちは!しが歯科医院です 院長スタッフコラム おいしいものを食べて歯磨きもしよう! 院長のお料理日記 SJCD 健康の入り口